東京タワー (333m)

1958年の開業以来、半世紀以上に渡って東京の中心に存在する総合電波塔。
展望台はメインデッキ(150m)とトップデッキ(250m)の2箇所あり、富士山や筑波山、房総・三浦の両半島、東京スカイツリーや東京ゲートブリッジ等も見渡せる。
「懐かしさ」と「新しさ」が混在する塔脚下の商業ビル「フットタウン」には、飲食店・土産店やアミューズメント施設があり、1日ゆっくり楽しめる。
大展望台のステージでは夜景の中で楽しめるライブやDJ、休日のフットタウンではピエロによるパフォーマンスや猿まわしなどイベントも盛りだくさん。
通常のライトアップ「ランドマークライト」の他、週末限定の「ダイヤモンドヴェール」は、様々なカラーで東京の夜景を演出し、近年はデートスポットとしても人気が再燃中。
展望台は年中無休で朝9時~夜11時まで営業。 今の東京を体感するには最高の場所。

オフィシャルサイト
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8
運営 株式会社東京タワー
竣工日 1958年12月23日
設計者 内藤多仲
構造形式 自立鉄塔
目的・用途 総合電波塔(関東圏へのテレビ・FMラジオの電波送信)、展望台営業、フットタウンビル営業
※環境局の風向風速計・温度計・硫黄酸化物測定器等の設置もしている

スタンプラリー情報

展望料金

メインデッキ(150m)
大人(高校生以上)900円
子供(小中学生)500円
幼児(4歳以上)400円

スタンプ押印場所

フットタウン1階総合インフォメーションにてお声かけください。

プレゼント

オリジナル缶バッジ

※スタンプ帳購入時及び捺印時にプレゼント。
※内容は変更の場合がありますのでご了承ください。

      《東京タワーさくらフェス 第1弾》東京上空150mでひと足早い桜見物!本物の桜を愛でる「東京タワーお花見デッキ」初開催!
      《東京タワーさくらフェス 第1弾》東京上空150mでひと足早い桜見物!本物の桜を愛でる「東京タワーお花見デッキ」初開催!

      春を呼ぶ「東京タワーさくらフェス」第1弾!
      東京上空150mに"本物の桜"が登場!
      「東京タワーお花見デッキ」 2月28日(木)から初開催!

      日本の春の楽しみは、なんといっても"桜"。
      できることならずっと眺めていたい、けれどもやがて散ってしまう。
      美しい一方で、そんな儚い存在でもあります。

      東京タワーでは、そんな春をいち早く楽しめる『東京タワーさくらフェス』をスタートします!

      第1弾は、春を待つ東京の景色が見渡せる東京上空150mに"本物の桜"の生け花を展示する
      「東京タワーお花見デッキ」初開催!

      今回が初の試みとなる「東京タワーお花見デッキ」では、薄紅色の花が咲き華やかさのある「啓翁桜(けいおうざくら)」を中心に、花の見頃や旬にあわせて、薄いピンク色の「吉野桜(よしのざくら)」、鮮やかな濃紅色をした「雅桜(みやびざくら)」、花びらが重なり合ってふんわりとボリューム感のある花が咲く「八重桜」の4種類の桜をお楽しみいただけます。

      高さ150mのメインデッキ2階内に展示するため、寒い日でも雨天や強風の日でも、ひと足早い桜見物が楽しめるほか、日没後は、照明を落としたフロア内で暖色のスポット照明が当たり、日中の印象とは違って、東京の夜景に融合して落ち着いた雰囲気の夜桜を眺めることができます。

      期間 2019年2月28日(木)~4月7日(日)
      時間 毎日9時~23時まで
      料金 メインデッキまでの展望料金だけでお楽しみいただけます
      大人(高校生以上)900円 子供 (小中学生)500円 幼児(4歳以上)400円
      場所 メインデッキ2階 北面フロア(皇居・丸の内方面)
Search
  • 東京タワー
    〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8
    03-3433-5111